保育士直伝!「5歳児の排泄について」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「5歳児の排泄について」

こんにちは!!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

今回のテーマは「5歳児の排泄について」です。

 

 

5歳になると

尿意を感じたら自分でトイレに行けたり

日中は自律できてきます。

 

 

 

 

トイレ後の始末も自分できちんとできるようになるので

大体はお手伝いしなくてもよくなります!

 

 

トイレの水を流す

手を洗う

スリッパを揃える

ドアをノックして確認する など

トイレのマナーも身についてきます。

 

 

街中にはトイレスリッパがあるところは

あまり見かけないかもしれませんが

保育園や幼稚園の特に幼児クラスでは

スリッパを置いている園も多いと思います。

 

 

スリッパを脱ぐときに

どうやって脱いだら次の人が使いやすいかを

一緒に考え実体験を通して学ぶ場になっています。

 

 

もちろんバラバラに散らかっていることもあります。

それに気づいて丁寧に全部並べている子もいます。

そんな姿を見ていると

この子は他人への思いやりの気持ちがしっかり芽生えてるやな〜と

子供の成長をしみじみと感じます♡

 

 

また扉が閉まっている時はトイレをノックして入るなど

マナーは小さいうちから身につけていれば

大きくなったときにあえて教えなくてもできています。

 

 

トイレのマナーに限らず伝えておきたいマナーがあれば

大きくなってから・・・ではなく

小さいうちから、できる年齢になったら

繰り返し、繰り返し伝えて教えていくといいですよ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

保育士 福浦優加里

2022年11月18日 記載

参考文献:発達がわかれば保育ができる! 川原佐公

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r