子育てにイライラするときの対処法 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

子育てにイライラするときの対処法

リボディ魚住の保育士です。

最近、我が子の子育てが終わりまして、

友人にどんな子育てをしたかと話して所、

特別な事はしていません。

 

 

ただ「いってらっしゃい」と「おかえり」を、

言う母だったと思います。

 

 

私の母がそうしてくれたように、

辛い日もケンカした日も、

いつもと変わらぬ「おかえり」に、

安心をしたものでした。

 

 

自分が母になった今、

ありきたりの日常で包んでいてくれた母に

とても感謝します。

 

 

ウチの息子はなかなかの頑固者で、

全く育児書通りには沿ってくれない子だったので、

よく悩み、手を焼き、そして疲れ果てたら、

産まれた頃のアルバムを開き、

 

 

「産まれてきてくれてありがとう、

そのままでいいんだ」

と、煮詰まった自分をフラットに

戻していました(笑)何度も。

 

 

沢山の子どもに関わった私でも、

やはり自分の育児には悪戦苦闘ならぬ善戦奮闘しました。

育児に同じものは無いと思いますが、

あるある!と共感して肩の力を

抜いてくれたらと思います。

 

 

お母さん方の中には思うようにいかず、

イライラする事ないでしょうか。

ここでは子どもの思いを受け止め認める

という事についてお話ししたいと思います。

 

 

① なんで思い通りにならないの?

② わがままに振り回される

③ 考え方と気持ちの切り替え

 

 

  1. なんで思い通りにならないの?

赤ちゃんはお腹から出てきたら、

不思議!もう意思を持った”人”なのです。

 

 

睡眠、空腹のお知らせだけだったのが、

人の認識が出来るようになり、

お母さんの笑顔が好きになり、

お母さんに抱っこしてもらうのが好きになります。

 

 

今、何をして欲しいのか、

本人にしかわからない事だって

複雑に増えてくるのです。

 

 

保育園での出来事ですが、

まだ寝返りができたりできなかったりする頃の

赤ちゃんを隣同士に寝かせていたら、

片方の子の手が横の子にペンっと当たりました。

 

すると当たった側の子が明らかに

イラッとした顔で隣の子を見てペンっと叩き返して

2人とも泣いている様子を見た時、

驚きました!

 

 

そしてこんなに小さな赤ちゃんでも、

それぞれの性格や気の強さも確立された、

人間同士なんだなぁと感心してしまいました。

 

 

ミルクの温度がお好みのものでなかったり、

今日は人の多い所に出かけて知らない

お医者さんにいっぱい触られなんか不安。

 

 

いつものように寝られない。

眠いのにママにぎゅっと抱きしめてもらいたいなあ。

とか言ってくれたらいいのだけど、

まだうまく伝えられない、わからないですよね。

 

 

お腹の中にいた頃はいつも一緒に行動したのに、

出てきたとたん、私とは違う人同士です。

オトナと一緒で相手の思いをわかろうと努力しないと、

見えてこないのは当たり前ですよね。

 

 

 2.ワガママに振り回される

一歳を越える頃には好きな遊びに熱中し、

「帰らない!」と親を困らせる事があります。

 

 

長く熱中できる力が育ち、好きな事が増える事は、

保育士の私にとっては嬉しい姿なのですが、

お母さんは忙しいものです。

困りますよね。

 

 

買い物に行ったら、「これ買って!」

とゴネ始めたら母も「やれやれまた始まった!

買ってもどうせすぐに飽きるじゃないの」

 

 

次から次へ買う買うと立ちどまり、

なかなか買い物が終わらない。

これは買って!という表現しかできないけれど、

 

 

こんなの好きなんだな。

素敵だと思うけど、お母さんはこれどう思う?

 

 

お母さんも同じように気に入ってくれて、

またお母さんの笑顔が見れたら嬉しいな、

僕こんな良いもの見つけたよ。

というお知らせなのかもしれません。

 

 

3.考え方、気持ちの切り替え

時間が許すなら、できるだけ子どもの思いを

受け止めてあげられるとよいのですが、

毎回そういうわけにはいきませんよね。

 

 

まだ遊ぶんだ!と意地になってしまっている時は、

「片付けができたら○○をしよう」と

次の楽しい事へ導いてあげて下さい。

 

 

買って!と立ち止まった時、

お母さんも一緒に

「ほんまや!それいいね!見せて見せて〜」

と楽しんでみて下さい。

 

 

わぁーカッコいいよね!と同調してあげると、

自分の思いをわかってくれた!

と結構納得するものです。

 

 

「置いてくよ、ママ知らないよ」

と脅迫してしまいがちですが、

一つできたら褒めてあげて、

気持ちを切り替えてあげてください。

 

 

「はあ〜まただ」と感じると疲れ倍増ですよね。

その思いも切り替える事によって、

お母さん自身も気分が変わると思いますよ。

 

 

リボディでも「電車に乗るよ、○○ちゃん好きだよね」と

上手に声かけしていたお母さんがいました。

嬉しそうにバイバイしながら帰っていきました。

 

 

いかがでしたか?

皆さん育児に不安を感じちゃいます。

でもね、これって当たり前です。

 

 

そして「知らない」ってことが、

余計に不安になってしまいます。

だからまずは私たち保育のプロが書く、

このような記事を読んでいただき、

「知る」ということを意識してください。

 

 

あなたの育児が少しでも楽しくなるように、

記事を通して徹底的にサポートしますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

保育士のいる骨盤矯正整体院

リボディ魚住

 

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r