保育士直伝!『おもちゃコーナーの整理~実践編~』 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!『おもちゃコーナーの整理~実践編~』

こんにちは!!

リボディ魚住の保育士です。

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います♡

 

 

今日のテーマは

「おもちゃコーナーの整理~実践編~」です。

 

 

前回「お片付けの教え方」の内容を読んでくれた

リボディで働くママさんから

「うちの場合、整理整頓はどうしたらいいの?」と

お悩み相談を受けました。

 

 

実際におもちゃコーナーがどうなっているか

写真を撮って見せてもらいました。

 

 

「なるほどな・・・」と思ったのと

きっとどこのご家庭もこんな感じなんだろうなと感じ

アドバイスをここにも載せることで

より現実に近いお役立ち情報になるのでは?と思って

このテーマにしました。

 

 

お悩みをくれたママさんは

  • とにかくぐちゃぐちゃをどうにかしたい
  • 保育園、幼稚園みたいに綺麗に整ったレイアウトしたい

がご注文でした。

では、実践できるアドバイスをしていきたいと思います。

 

 

1: アドバイス①仕分けする

2: アドバイス②分かりやすく

3: アドバイス③子供の気持ちになって

 

 

①仕分けする

まず、お悩み相談を受けた時に

「現状を見せて下さい。」とお願いして

子供の目線の高さでおもちゃコーナーの

写真を撮ってもらいました。

 

 

それがこちらです!!

 

 

 

 

どうでしょう?

 

 

自分たちで片づけられる年齢になると

任せっきりになってこうなるのも良く分かります(^^)

きっとこんな感じになってる

ご家庭も多いのではないでしょうか?

 

 

ではまず、仕分けをしましょう!

 

 

よく遊んでいる物、あんまり遊ばない物に分けて

あまり遊ばない物は、クローゼットの奥や

押し入れの奥などに一旦片づけてしまいましょう。

 

 

前回もお話しましたが、片づけたおもちゃは

時々おもちゃを入れ替えることで

子供も新鮮味があってまた遊ぶようになります。

 

 

大人もクローゼットなどに

収納していた懐かしい物を見つけると

「うわ!こんなんあったな~♪」と

手に取って眺めませんか?

その気持ちは子供も同じです♡

 

 

 

 

②分かりやすく

次は収納です。

子供目線で写真を撮ってもらったのには

理由があります。

 

 

大人の目線と、子供の目線は全然違います。

おもちゃで遊ぶのは子供です。

出し入れするのは子供です。

 

 

子供の目線で見て

自分で手を伸ばして出し入れできる所に

おもちゃを終結させましょう!!

 

 

そしてどこに何があるのか

分かりやすくすることもポイントです。

 

 

おもちゃ一つ一つに

固定の帰る場所を作ります。

遊びたい物がコロコロ違う場所に収納されると

次遊ぶ時に「あれ、どこいった?」と

探すのに時間がかかって

遊ぶ時間も短くなってしまいます。

 

 

お父さん、お母さんも家事や自分時間の合間に

「●●どこ?」と聞かれると

「え?知らんよ!自分で探して!」と返事しませんか?

そしてこの終わらないやり取りに

お互いがイライラする・・・悪循環です。

 

 

片づけないからおもちゃがなくなる。

これを体感することも大切です。

でも何回も何回も繰り返すようだったら

方法を変えましょう(^^)

 

 

いつも同じ場所にあるのは

おもちゃを出すときにも

片づけるときにも分かりやすくていいことです。

 

 

 

 

目で見て分かるならいいですが

より分かりやすくするには

文字が読めるなら文字で書いて

場所を示すのもいいですし

写真を撮ったり、絵を書いたりして示すのもありです。

 

 

ちなみに私の保育園は集団生活です。

誰が使っても同じ場所に戻るように

1つ1つ写真を撮って貼っていました。

 

 

必ずそこに片づける。

初めは教えるのに大変化もしれませんが

繰り返すことで習慣化さえすれば

あとは子供に任せていきましょう!

写真で知らせるのは1歳児でもできますよ!

 

 

③子供の気持ちになって

少し辛口コメントをします。笑

 

 

①の写真を子供の気持ちになって見た時に

さあ遊ぼう!と思いましたか?

 

 

どちらかというと

何して遊ぼう…になりませんでしたか?

もしくは、遊ぶおもちゃがない…。笑

 

 

子供の気持ちになって子供が遊びたいと思う

レイアウト、環境にしていきましょう!

 

 

おもちゃがたくさんあるのに

遊ぶものがないのは飽きていることもあります。

そんな時は新しいおもちゃを買い与えなくても

収納していたおもちゃをプラスしてあげれば

また遊びの幅は広がります♪

 

 

 

 

おもちゃには遊び方がありますが

絶対その遊び方をしなければいけない訳ではありません。

子供の想像力は無限です!

大人が想像つかない面白い発想も

たくさんしてくれますよ。

 

 

いかがでしたか?

今までたくさん保育士目線でのアドバイスを載せていますが

実際その通りにいかない事も多いのではないでしょうか?

 

 

私もここにお話している内容は

大きくとらえた内容をお話しています。

保育は一人ひとりの性格、成長に合わせて援助します。

なので、ある程度のマニュアルがあっても

その通りに行くことはほとんどありません。

 

 

教科書通り、育児書通りにはいかないから

答えがなくて難しいし

悩みが尽きないんんですよね・・・

 

 

なので、今までここに載せた内容を

実践していただいた方も

成功した方ばかりではないとも思っています。

 

 

今回はお悩みがあったことで

今までよりも、もっと皆さんの

お役立ち情報になっていればといいなと思います。

 

 

今後もぜひここの内容を参考にして

目の前の子供に合わせた

その子だけの育児書を作り続けて下さい♡

 

 

次回は保育園、幼稚園みたいに

綺麗に整理整頓したい・・・のお悩みに

お答えしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r