保育士直伝!「2歳児の着脱〜成長の流れ〜」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「2歳児の着脱〜成長の流れ〜」

 

 

こんにちは!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回は「2歳児の着脱〜成長の流れ〜」です。

2歳児の着脱の自律に向けての

成長過程をお話ししていきたいと思います。

 

 

2歳になると大きめのボタンが外せたり

ジャンバーなど前開きの上着を

1人で脱ぐことがでるようになります。

 

 

またTシャツやトレーナーなど

かぶって着るタイプのものは

自分で頭からかぶって

袖を通して着られるようになりますよ。

 

 

このとき注意して欲しいのは服のサイズです。

 

 

 

 

この時期の子供の成長は

早い子はものすごく早いので

服を買ってもすぐに着られなくなるからと

大きめのサイズを買っていたり、

逆に今シーズンで捨てようと思っている

小さくなった服を着せていることもあると思います。

 

 

家計的には上記のものを準備するのがいいですが

子供の成長段階を考えると

身体のサイズに合った服を選んであげるのが1番です。

 

 

大きすぎると着にくい。

小さいと脱ぎにくい。

これで子供の着脱の意欲は減退してしまいます。

 

 

2歳は自我が出始めイヤイヤ期が来たりして

ややこしい時期(苦笑)

でも自分でできることが1番増える

とても大事な時期でもあります。

 

 

この時期に成功体験を

たくさん作ってあげられたら

褒められることも増えます。

そうすると自己肯定感も高まってきます。

 

 

少し見直してあげるだけで

大人も子供もストレスフリー!

最高の状況です。笑

 

 

他にも服の前後が分かるようになったり

きれいに畳んで片付けることも

1人でできるようになります。

 

 

 

 

タンスの片付ける場所を

分かるようにしてあげれば

自分でお片づけもできる。

これを習慣にすることができれば

洗濯を畳んで片付けると言う家事が

1人分減らせますね!!!

 

 

とは言っても私が言っていることは

高い理想かもしれません。

全てではなくできる部分だけでも大丈夫です。

 

 

今日は余裕があるから頑張らせてみよう

と思うときは子供のサイズに合わせた服を用意して

手助けはなるべくせず

近くで見守る日を作って見てください。

 

 

いかがでしたか?

できるまで待つ。

手を出さず近くで見守るって

大人も結構根性が入ります。笑

 

 

私もちょっと子供ができない〜と

嘆くもんならすぐ手を貸してしまいます。笑

 

 

「今日は自分でやってごらん!」と

子供にいいながら自分にも言い聞かせて

手をグーにして握り締めて・・・なんてことを

何度も何度も何度もやってきました。

 

 

これを乗り越えた時の

「できた!」が聞けた時は子供の笑顔も最高だし

耐えた自分にも大きな拍手です!笑

大人も子供と一緒に成長しましょう!笑

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r