保育士直伝!「言葉の獲得〜4歳児編〜」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「言葉の獲得〜4歳児編〜」

 

 

こんにちは!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回は「言葉の獲得〜4歳児編〜」です。

4歳児の言葉の獲得の流れについてです。

※必ずではなく、目安として参考にして下さい。

 

 

4歳になると語彙が1600語から

2500語ぐらいになります。

日常生活に必要な言葉は一通り身につけられます。

 

 

 

 

●4歳前半

友達との会話が盛んになりますが、

自分一人で自分に向かって話していることも多いです。

 

 

自分の名前を読めるようになってきたり

文字や数字を読んで、書こうとする姿も出てきます。

 

 

出来事や自分がしたことを

接続詞を使って話すようになり

意思や要求を相手に分かるように話せるようにもなります。

話すだけでなく人の話に

親しみを持って聞くようにもなってきますよ。

 

 

●4歳後半

声を低くして内緒話ができるようになります。

 

 

よく子供が内緒話をしようと

耳の近くで話てきますが

声の大きさが通常通りすぎて

話を聞くどころではないことがありました。笑

 

 

もっと小さな声で!!と言っても

なかなか調節できない。笑

何回チャレンジしても通常通りの声量で爆笑(^^)

ほんと子供って面白いですね!!

 

 

いかがでしたか?

語彙が増えるので

お話ししたいと思えるような環境作りや

大人が耳を傾けてしっかりと子供の話を聞く姿も

大切になってきます。

 

 

3歳4歳になると子供一人で過ごせる時間も増えて

乳児期よりも密に関わることが減ってくると思いますが

コミュニケーションをとる楽しさを感じられるのは

この時期からです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

保育士 福浦優加里

2022年7月16日 記載

参考文献:発達がわかれば保育ができる! 川原佐公

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r