保育士直伝!「言葉の獲得〜0歳児編〜」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「言葉の獲得〜0歳児編〜」

 

 

こんにちは!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回からは言葉についてお話します。

言葉の獲得は目に見えて分かる成長の姿です。

言葉を喋り始めると楽しいので

早く喋ってほしい!と思う

お父さんお母さんも多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

目に見えて分かる成長は嬉しい反面

周りと比べてしまうので

まだかな?とか、うちの子は遅い?と

気になって心配になってしまうこともあると思います。

 

 

何度も何度も言いますが

成長には個人差があるので比べるよりも

目の前の子供の姿をしっかりと観察ながら

子供のペースの成長を見守ってあげて下さい♡

 

 

では今回は「言葉の獲得〜0歳児編〜」です。

0歳児の言葉の獲得の流れについてです。

※必ずではなく、目安として参考にして下さい。

 

 

●2ヶ月ごろ〜

泣き声が快・不快の気持ちを

訴えるような発声になってきます。

アーアー、ウーウーといった

喃語が盛んに出始め

音の強弱や高低をつけて喋るようになります。

 

 

 

 

 

●10ヶ月ごろ〜

喃語で大人とやりとりをします。

「だめ」や「上手」と言った

禁止の言葉や褒め言葉が

分かるようにもなってきます。

一語文を喋り始めるのもこの時期からです。

 

 

喃語の時期には

ゆっくりと話かけてり

気持ちを代弁したり、歌を歌ったりして

コミュニケーションをとるようにするといいですよ。

 

 

また外へ出かけた時は

言葉を習得するチャンスがたくさんあります。

例えば、車に興味を持っているなら

「ブーブー」と伝えることで

子供は言葉とその意味を結びつけていき

「ブーブー」と言うようになります。

 

 

子供がする動作に言葉をつけてあげるのもいいですよ。

 

 

子供が無意識にでも手を振った時には

大人が「バイバーイ」と言うようにすると

その動作が「バイバイ」を意味することだと

認識していきます。

 

 

語彙の獲得はまだまだ少ないので

子供が真似できるような

簡単な言葉でお話してあげて下さいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r