保育士直伝!「良い睡眠・休息の環境を作るポイント」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「良い睡眠・休息の環境を作るポイント」

こんにちは!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

今日は保育士の視点から

子育てに役立つ情報を

お話ししたいと思います!

 

 

睡眠のお話を長らくしてきましたが

今回は実際に

「良い睡眠・休息の環境を作るポイント」を

お話ししたいと思います。

 

 

①乳児の睡眠環境のポイント

 

 

 

 

  • 室温

夏:25℃前後

  ただし、外気温との差を5℃以内にしましょう!

  扇風機は風が直接当たらないようにしまよう

冬:16〜20℃

  暖房器具による空気の乾燥に注意!

 

  • 湿度:50〜60%

 

  • 部屋の暗さ

睡眠をもたらすメラトニンは

暗いところで多量に分泌されるので

子供の顔色が見える薄暗さが良い。

 

 

顔色の変化、呼吸の確認は

5分〜10分おきにするのがベストです。

 

  • その他

・布団:吸湿性のある硬めの敷布団

・子供が寝付くまではオルゴールなど

静かな音楽を流すのもGOOD!

・もしものために

布団の周りに背の高いものは置かないようにしましょう。

 

 

②幼児の休息環境のポイント

 

 

 

 

お昼寝はしないけど

日中たくさん遊んで疲れていることもあります。

お昼ご飯の後は少しゆっくりして

休息できる時間を

用意してあげるのも良いと思います!

 

 

  • 部屋の暗さ

直射日光を防ぎ、柔らかい日差しに

 

  • その他

くつろげるように

マットやクッションを置いたり

落ち着いて遊べる本を用意するのも良い!

 

 

いかがでしたか?

睡眠は子供にとって大切な時間です。

疲れていると機嫌が悪くなったり

ボーッとして注意力散漫になりやすいので

怪我や事故の原因にもなります。

 

 

落ち着いて睡眠・休息ができるように

活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

保育士 福浦優加里

2022年8月27日 記載

参考文献:発達がわかれば保育ができる! 川原佐公

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r