保育士直伝!「第一弾!手作りおもちゃ〜ペットボトル〜」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「第一弾!手作りおもちゃ〜ペットボトル〜」

 

 

あけましておめでとうございます!!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

2022年になりましたね。

今年はどんな1年になるのか・・・

そろそろいろんな制限が緩和されたらいいな〜

なんて個人的には思っています(^^)

ワクワクいっぱいの1年になりますように・・・

 

 

こちらのブログは今年も引き続き

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

2022年一発目の今回は

「第一弾!手作りおもちゃ」です!

クリスマス、お正月が終わって

おもちゃが山ほどある・・・なんてことも

あるかもしれません。

 

 

買ったおもちゃも面白いですが

意外と家の中にあるものが

子供にとっての遊び道具になることも多いですよね。

 

 

第一弾はペットボトルで作るおもちゃを

ご紹介できたらと思います。

 

 

〜手作りおもちゃ ペットボトル〜

必要なのは空ペットボトル。

500mlのペットボトルもいいですが

子供が遊びやすいのはより小さいサイズです。

 

 

R1のペットボトルは真ん中のくぼみが子供の手に

フィットしやすいサイズなのでおすすめです!

 

 

ペットボトルの他に準備するものは

「スパンコール、ビーズ、セロテープ、ビニールテープ」

作り方はどれも簡単です。

ペットボトルに材料を入れるだけ(笑)

 

 

 

 

①ペットボトル+スパンコール+水

万華鏡のようなスノウドームのような・・・

水の中でゆらゆら動く様子を楽しめます。

子供はキラキラ光るものに視線がいくので

スパンコールのキラキラも楽しんでくれますよ。

 

 

水の量を少なくすれば

降った時に水の音も楽しめます。

お子様の好みに合わせて作ってあげて下さい。

 

 

②ペットボトル+ビーズ

これもビーズをペットボトルに入れるだけ(笑)

手作りマラカスです。

ビーズの大きさ種類を変えるだけで

音色が変わるので好きな音色を作ってみて下さい。

 

 

中に入れるものは

ビーズじゃなくても大丈夫です!

例えば、公園で子供が拾って

大事に握って持って帰ってきた石や木の実を

使うのもいいと思います。

宝物を大事にずっと使うのも素敵です。

 

 

そして注意してほしいのは

どちらもペットボトルの蓋を閉めた上から

蓋が開かないようにセロテープをグルグル

さらにその上からビニールテープを

グルグルと巻きつけて下さい。

 

 

遊んでいる間に蓋が開くと

スパンコールやビーズの誤飲につながります。

また子供は遊びながら成長します。

遊んでいるうちにいろんな発見をしていきますし

テープを外せるようにもなります。

怪我事故防止のためにも

定期的におもちゃの点検もしてあげて下さいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r