保育士直伝!「概念の形成5歳児編」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「概念の形成5歳児編」

こんにちは!!

リボディ魚住の保育士です。

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

今回のテーマは「概念の形成5歳児編」です。

 

 

 

 

目の前にあるものを比べて

数が同じと言うことが分かったり

推理的な思考力が伸び始めます。

イメージしたものを

書いたり作ったりできるようになります。

工作をする時などに

完成図を下書きしてそれを見ながら作る。

なんてこともできるので

工作好きな子供はより壮大な作品作りを

楽しめるかもしれません。

 

 

位置関係がわかって比較できるようになったり

「昨日、今日。明日」の正確な区別もできたり

曜日の理解が少しずつできるようにもなります。

 

 

15分、30分単位で時間が分かるようになるので

大人がつたえる時も時計を気にしながら行動できるように

「○時になったら●●するよ!」など

時刻を知らせて伝えるといいですよ。

 

 

時計の数字を読むのはなかなか難しいので

初めはメモリに分数が分かるように

紙やシールを貼って分かりやすくするのもありです!

 

 

私も保育園の時計に分数が分かるように

メモを貼って知らせていました!

貼ると子供たちもものすごく興味津々で

時間になるとサッと動いてくれる!!笑

 

 

こう言うのは最初だけですけどね〜笑

ただ見通しが持てるようになることは

子供のとっても安心材料になります。

 

 

遊びだすと集中して遊び込める年齢なので

突然遊びを止められると

嫌がったり機嫌が悪くなったりして

悪循環になる場合もあります。

 

 

お互いにイライラしなくていいように

防げる対策はしておいてもいいのかなと思います!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

保育士 福浦優加里

2022年10月8日 記載

参考文献:発達がわかれば保育ができる! 川原佐公

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r