保育士直伝!「概念の形成2歳児編」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「概念の形成2歳児編」

こんにちは!!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回のテーマは「概念の形成2歳児編」です。

 

 

2歳になると大人の喜怒哀楽の表情や

物の大小、量の多少がわかるようになります。

色は赤黄青(3原色)が分かり言えるようになりますよ。

 

 

 

 

なかなか覚えられない場合は

おもちゃで遊んでいる時などに

「赤の積み木ね」「これは青」など

遊びながらだと教えやすいですよ!

 

 

遊びで言うと積み木を10個ほど

積み上げることができるようにもなります。

 

 

2歳後半からは

丸、三角、四角の形の名前が言えるようになります。

 

 

型はめパズルなどもこの時期に取り入れると

ハマって集中して遊ぶ姿もあります。

初めは難しいので一人ではできないかもしれませんが

要領がわかると自分でくるくる回して

形を合わせようとしたりしてチャレンジしていますよ!

 

 

子供が集中しているときはできるだけ見守るようにして

声をかけたり手助けしたりするのは

控えることがポイントです!

 

 

自分でできた達成感を

味わえるように見守ってあげてください♡

 

 

高さや低さが分かり始めたり

おやつを取るときに量や大きさ数などを比べて

多い方を取ったりもします。

 

 

色がわかるようになると

同じ色ばかりを集めて遊んだり

同じ色を探して遊んだり

遊び方にも変化が現れるので面白いですよ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r