保育士直伝!「概念の形成1歳児編」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「概念の形成1歳児編」

こんにちは!!

リボディ魚住の保育士です。

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回のテーマは「概念の形成1歳児編」です。

興味のあるもの目立つ物に関心を持ち

特定の音声を認知し、呼ばれると気づくことができます。

 

 

1歳児にとって周りにあるものが

どんな物なのか分からないので

手当たり次第にいじり回し

口に入れて舐めたり、触ったりして探索します。

 

 

 

 

手にした感覚、味、音など

いろんな感覚が刺激されることで

物事を認知し始めます。

 

 

また指差しが増えて

見た物など訴える姿があったり

色に興味を持って

同じ色のものを集めることを楽しむ姿もあります。

冷たい・熱いなどの感覚もわかるようになってきます。

 

 

★遊びの中でできる記憶の三原則★

 

 

 

 

①物を見せて「これは〇〇だよ」と言う。

 

②いろいろな物の中から

「〇〇取ってきて」とお願いする。

取ってこれたらしっかりと褒め手あげてくださいね。

 

③②で取ってきた物を見せて

「これは何?」と聞いてみる。

※この①〜③の過程を経て記憶していきます。

 

 

色や温度、量の少ない多いなども

実際に物を見せて言葉で伝えながら

繰り返し教えてあげることで理解していきます。

ぜひご家庭でも試してみてくだい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r