保育士直伝!「人との関わりの流れ〜4歳児編〜」 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

保育士直伝!「人との関わりの流れ〜4歳児編〜」

 

 

こんにちは!

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことを

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

今回は「人との関わりの流れ〜4歳児編〜」です。

※発達には個人差があります。

あくまでも目安として参考にして下さい。

 

 

4歳になるとはにかんだり

何かに躊躇したりと複雑な情緒を見せてくれるようになります。

自制心が高まり始め

我慢するといったような様子も見られます。

 

 

友達との関わりも深くなっていきます。

気の合う仲間でグループを作ったり

友達へのいたわりや思いやりの心も育ってきます。

 

 

 

 

グループ遊びを楽しめるようになると

友達と共同作業で何かを作りあげたり

遊びの幅もまた広がっていきますよ♪

 

 

砂遊びで一緒に砂山を作り上げたり

ブロックで大きな大作を一緒に作り上げたり

今までは自分1人でできた達成感を味わっていましたが

みんなで頑張ってできた達成感を味わえるようになります。

 

 

また競争心が芽生え、勝敗を意識し始めます。

この頃に勝敗のあるゲームなどをすると

ものすごくメラメラしたものが湧いていて

熱い戦いになります。

 

 

少し負けそうになったらズルしてみたり

「もうやめる!」と諦める姿も。

いろんな知恵を使って

負けることから回避しようとする姿が

目に見えて分かります。笑

 

 

勝敗を気にしすぎて

負けることがこの世の終わりかのように拗ねたり

ゲーム遊びが嫌になる子供もいます。

 

 

 

 

悔しい気持ちを

そんな大暴れして表現できたら

気持ちいいだろうな・・・と思うぐらい。笑

 

 

嫌なことに無理に誘い込む必要はないですが

負けてもまた頑張ればいい!と

繰り返し経験して体験で伝えていくことが必要です(^^)

 

 

プライドも高くなってくるので

我慢しすぎてしまわないように

気をつけてあげて下さい。

 

 

4歳児は友達との関わりが密になっていくので

その中で芽生えたり感じたりする

心の成長が大きい年齢ですね。

 

 

いろんな気持ちを大人にフォローしてもらいながら

人間関係を築いていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r