お家でできる乳児の運動遊び | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

子育てお役立ち情報

お家でできる乳児の運動遊び

初めまして。

リボディ魚住の保育士です。

 

 

私が保育現場で経験、体験したことが

皆さんの子育てに少しでもお役に立てたらと思い

保育士の視点からお話していきたいと思います。

 

 

「保育士の言うことだから絶対!」ではなく

皆さんの子育てのヒントとして参考程度に

楽しく読んで頂けたらと思っています(^^)

 

 

今日のテーマは

「お家でできる乳児の運動遊び」です。

 

 

寒くなると外に出かけて

公園で長時間遊ぶのも辛くなり

元気いっぱい!の子供たちは

体力が有り余っていますよね(^-^)笑

 

 

元気なのは良いことですが

「夜なかなか寝ない➡朝起きれない」といった

生活習慣に影響が出てきてしまい

お父さん、お母さんにとっては

悩みの種になるのではないでしょうか・・・

 

 

そこで、今日はずりばいやハイハイが

できるようになった頃から楽しめるような

「お家でもできる乳児の運動遊び」について

いくつかアイデアをお話したいと思います。

 

 

1:室内遊びで大切なこと

2:ずりばい・ハイハイ時期の子供も楽しめる運動遊び

3:ハイハイ・歩行時期の子供が楽しめる運動遊び

 

 

 

  • 室内遊びで大切なこと

室内遊びで大切なことは2つです。

まずは【広いスペースと空間を用意する】こと。

子供の動くスペースの確保のためです。

豪邸並みのスペースとは言いません(^^)

 

 

子供が自分で思った方向、場所に

自由に行けるような

空間やスペースを確保してあげてください♪

 

 

次に【安全確認・確保】です。

これは当たり前のことですが

子供の怪我・事故防止のためです。

 

 

外よりもいつも生活している

お家の中の方が安全だとは思います。

でも、お家の中だからこそ危険な場所はありますし

お家だという、その安心感から油断してしまい

怪我・事故が起きたりもします。

 

 

 

子供はいろんな発想から

大人が想像もしないような行動に

突然出ることが多いですよね。

 

 

皮膚の柔らかい子供は

転んで机やタンスの角にぶつかると

切り傷になる可能性があります。

 

 

また、子供は狭いところが好きなので

棚と棚のちょっとした隙間なんて

ものすごく入りたい欲が出てきます。

入って抜けられなくなる。頭が挟まる。

といった事故にもつながります。

 

 

なんでそんなところ入れたの?

どうやってそこに行ったの?と

びっくりしたことはありませんか?

 

 

子供は「やってみたい」気持ちで

自分なりに試行錯誤して行動に移します。

なので、本人も知らないうちに

奇跡的にできてしまっていることもあるのです。

 

 

 

ずりばいやハイハイの頃の乳児は

床に落ちている物にも興味を示します。

危険なものが落ちていないか

室内遊びをする時は確認してくださいね。

 

 

 

  • ずりばい・ハイハイ時期の子供も楽しめる運動遊び

用意するのは、布団やマット2枚です。

 

 

1つはクルクル丸めます。

もう1つは丸めた布団やマットの上に

覆いかぶせて小さなお山を作ります。

それを登ったり、越えたりして遊びます。

 

 

これで運動になるのかな?と

思うかもしれませんが

十分運動になっています。

 

 

大人もずりばいやハイハイの状態で

ローソファーなど少し低めの壁を

何度も登ったり、越えたりすることを

想像してみてください。

考えるだけで疲れてきそうですよね。笑

 

 

子供にとっては布団やマットで作ったお山も

なかなか大きな障害物になっています。

お山の反対側から

子供の脇を持って、グッと大人の方に

引っ張って登るのを手伝ってあげると

勢いがついて喜んでくれますよ♡

 

 

クルクル丸める布団がなければ

クッションを重ねてもいいですし、

丸めた布団にクッションを置いて

高さを出して難易度を上げるのも

楽しめると思います!

 

 

 

  • ハイハイ・歩行時期の子供が楽しめる運動遊び

ハイハイ・歩行時期の子供は

いろんなことに興味を示します。

なのであっちへ行き、こっちへ行きと

常にうろうろ動き回っていますよね。笑

 

 

それだけで十分な気もしますが

より探索活動が楽しめる遊びは

ダンボール遊びです♪

 

 

空のダンボールを

トンネルに見立てて置いてみたり

大きな段ボールがあれば

中に入って隠れられるようにしたり…

使い方は様々でたくさんあります!

 

 

歩行を初めた子供は

腰ぐらいの高さのダンボールに

人形を入れてバギーに見立て

ダンボールを押して

お母さんのまねっこ~♡

なんて遊びも楽しめますよ(^^)

 

 

また、押しているダンボールが

一人歩きの補助の役割にもなって

遊びながら歩行の練習もできちゃいます♪

 

 

この遊びは楽しくて勢いも出ます。

体重が箱の片側にかかりコテンっと

ひっくり返ってしまうことも多いので

中に重りになる物を入れるなどして

怪我には注意してくださいね♡

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

今はデパートや商業施設に行けば

室内遊具があって

戸外ではなくても楽しめる場所が

たくさん増えてきましたよね!

 

 

お家に居すぎても飽きてきて

子供も大人も窮屈に感じることもあります。

いろんな施設や場所も上手に使って

冬も元気いっぱい遊んでくださいね♡

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r