産後の膝痛 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

お悩み別「原因と対策」

産後の膝痛

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 朝、ベッドから起き上がるのに膝が痛い
  • 子供を抱き上げるときに膝が痛い
  • 腰が痛かったのに今では膝も痛い
  • 地べたから抱き上げるときに膝が痛い
  • 膝が痛くて、O脚にならないか心配

 

なぜ産後に膝が痛くなるのか?原因は5つあります
1.出産のダメージによる骨盤の緩み

産後しばらくは、出産時の物理的なダメージが残っているものです。出産にかかる時間、分娩方法などでも骨盤へのダメージの大きさは変わります。このダメージが大きければ、骨盤はより緩んだ状態になります。

2.ホルモンの影響

妊娠中はリラキシンというホルモンが骨盤などの骨と骨とのつなぎ目を緩めて出産をスムーズにします。このホルモンは全身に作用するので、全身のつなぎ目が緩まります。結果的に全身を支える支柱である骨盤や背骨、膝も緩んでしまいます。

3.育児などの生活習慣

多くの女性は産後、地べたに座る、ソファでの授乳、添い乳、睡眠時間など骨盤を緩める間違った使い方をされています。産後はほとんどの時間が地べたになります。地べたは膝への負担が2倍くらい高まります。対策としてイスを使った育児を提案します。

4.筋肉への物理的な負担、疲労

育児による今まで以上の筋肉への負担です。それと疲労が積み重なって回復させる時間もないことで疲労は回復できずに悪循環になるのです。

5.その他(ガードル、ストレス、妊娠前からの腰痛など)

ガードルについては目的をほとんどの女性が勘違いしてしまっています。ガードルなどは骨盤の形をキープするものです。そのまま履くと緩んだままをキープすることになります。
ストレスは交感神経が高まるので筋肉を硬くします。結果、骨盤周りの筋肉が硬くなり腰痛が発生します。

 

解決法

1、骨盤矯正をして骨盤の緩みを整える。
やはり骨盤が緩んでいては膝痛になりやすいものです。骨盤矯正をすることも大事です。骨盤矯正を選ぶポイントですが、痛くない・ボキボキしない骨盤矯正を選んでください。

2、、 育児などの使い方を整える。
授乳の方法、歩き方、寝方、添い乳の方法、カバンの持ち方、キッチンでの立ち方など普段の生活で何気ない動作でも気を付けると改善されます。また、睡眠時間も7時間までにすることで、骨盤の開きを防ぐ事が出来ます。

3、疲労を取る。
筋肉のコンディションを良くします。マッサージや自宅ケア法、ストレッチ法、栄養などをお伝えします。

4、サポーターをつける。
サポーター選びのコツです。適度に圧が全体的にかかるものにしましょう。サポーターの線が付かないくらいの圧がいいでしょう。

5、テーピングを貼る。
膝にテーピングを貼ります。動きを制限するような貼り方ではなく、関節の動きをサポートする貼り方がいいでしょう。

 

リボディ魚住の膝痛に対する整体
  1. まずはゆっくり呼吸を整えながら骨盤を整えていきます。
  2. 膝、股関節のズレも一緒に整えていきます。
  3. 膝専用のテーピングで安定させ、痛みが出ないようにします。
  4. 背骨専用のローラーを当て、骨盤の上にある背骨を整えます。
  5. 整えた骨盤をキープするために、ナイーブな産後のからだに負担のかからないテーピングを貼ります。

 

バキバキならす整体ではなく、手のひらで押さえるだけの優しい整体です。
優しい整体を行うべき理由は、産後の女性の骨盤は便座に座る衝撃で緩んでしまうからです。それと5分以上のうつ伏せは骨盤を緩めます。ですので、横向きで行う優しい骨盤矯正をします。