産後の恥骨痛 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

お悩み別「原因と対策」

産後の恥骨痛

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 立ち上がる時に恥骨が痛い
  • 恥骨が痛いことを相談できない
  • 長時間歩くと恥骨が痛くなってくる
  • 骨盤ベルトをした方が恥骨が痛い
  • 産後、どんどん恥骨が痛くなってきている

 

なぜ産後に恥骨が痛むのか?原因は5つあります
1.出産によるダメージ

出産にかかる時間、分娩方法などでも骨盤へのダメージの大きさは変わります。このダメージが大きければ、骨盤はより緩んだ状態になります。

2.ホルモンの影響

妊娠中はリラキシンというホルモンが骨盤などの骨と骨とのつなぎ目を緩めて出産をスムーズにします。このホルモンは全身に作用するので、全身のつなぎ目が緩まります。結果的に骨盤や恥骨も緩んでしまいます。

3.恥骨特有の解剖学的な作り

正常な恥骨は上下2ミリの範囲で動きます。それが1ミリでもズレるとうまく動かなくなり、恥骨が痛くなります。痛くなると余計におかしな動きとなり、結果的に骨盤が余計に緩くなります。

4.筋肉への物理的な負担、疲労

育児による今まで以上の筋肉への負担です。それと疲労が積み重なって回復させる時間もないことで疲労は回復しない悪循環になるのです。

5.その他(ストレス、間違った使い方など)

ストレスは交感神経が高まるので筋肉を硬くします。結果、恥骨のまわりの筋肉が硬いまま動くことになり痛くなります。間違えた状態で骨盤ベルトを使うことにより、恥骨に負担がかかりやすくなります。特に骨盤ベルトを巻く強さはとても関係があります。

 

解決法

1、骨盤矯正をして骨盤の緩みを整える。
やはり骨盤が緩んでいては恥骨痛になりやすいものです。骨盤矯正をすることも大事です。骨盤矯正を選ぶポイントですが、痛くない・ボキボキしない骨盤矯正を選んでください。

2、骨盤ベルトなどを巻く。
恥骨痛への対処法として骨盤ベルトはオススメです。これで十分というまではいきませんが、サポートという意味では少し楽になります。ですが巻く強さや巻く位置に注意してください。

3、 育児などの使い方を整える。
まずはあぐらなどの地面での生活を見直し、授乳方法、歩き方、イスの座り方、骨盤ベルトの巻き方など「骨盤が緩まらない」方法を同時に全てお伝えします。

4、疲労を取る。
筋肉のコンディションを良くします。マッサージや自宅ケア法、ストレッチ法などをお伝えします。

5、栄養を摂る。
やはり栄養が不足すると回復しにくいのです。ビタミンCやEは疲労回復などに非常に効果があります。

5、ガードルなどをやめる。
きつく締め付けるガードルなどの使用をやめる。骨盤が余計にズレてしまうので、恥骨痛がひどくなります。
 

リボディ魚住の恥骨痛に対する整体
  1. まずはゆっくり呼吸を整えながら骨盤を整えていきます。
  2. 股間節などのズレも一緒に整えていきます。
  3. 肩甲骨ストレッチを行い、肩甲骨の動きを良くしていきます。
  4. 背骨専用のローラーを当て、骨盤の上にある背骨を整えます。
  5. 整えた骨盤をキープするために、ナイーブな産後のからだに負担のかからないテーピングを貼ります。

 

バキバキならす整体ではなく、手のひらで押さえるだけの優しい整体です。
優しい整体を行うべき理由は、産後の女性の骨盤は便座に座る衝撃で緩んでしまうからです。それと5分以上のうつ伏せは骨盤を緩めます。ですので、横向きで行う優しい骨盤矯正をします。
産後の恥骨痛でお困りであれば、リボディ魚住にご相談ください。