産後の坐骨神経痛 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

お悩み別「原因と対策」

産後の坐骨神経痛

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 少し歩くと痛くてイスに座ってしまう
  • 授乳していると太ももの裏が痛くなって我慢している
  • 台所で炊事しているとすぐに痛くなり、休憩する
  • 寝ていると足が痛くて目が覚める
  • 産後、どんどん足の痛みが強くなってきている

 

なぜ産後に坐骨神経痛になるのか?原因は5つあります
1.骨盤の緩み

坐骨神経は骨盤の近くを通っているので骨盤が少しでもズレたり、緩んだりすると影響は大きいのです。産後に骨盤が緩むと引っ張り続けられるので神経痛の原因になります。

2.ホルモンの影響

妊娠中はリラキシンというホルモンが骨盤などの骨と骨とのつなぎ目を緩めて出産をスムーズにします。このホルモンは全身に作用するので、全身のつなぎ目が緩まります。結果的に骨盤も緩んでしまいます。

3.物理的な弱さ

骨盤にあなたの足(太ももの骨)が付いています。このつなぎ目を股関節と言い、片側の足は約10kgの重さがあります。股関節からすると常に引っ張られている状態なので、緩みやすくズレやすいのです。その結果、太ももには坐骨神経が通っているので神経が引っ張られ神経痛の原因となります。

4.筋肉への物理的な負担、疲労

育児による今まで以上の筋肉への負担です。負担により筋肉は硬くなります。柔軟性がなくなると引っ張られることに弱くなります。だから少し引っ張られることでも神経痛が出やすくなります。

5.その他(ストレス、間違った使い方など)

ストレスは交感神経が高まるので筋肉を硬くします。結果、坐骨神経周辺の筋肉が硬くなり痛くなります。また「少し痛いくらいの方が効いている感じがする」と間違ったストレッチのやり方をしている人もいます。

 

解決法

1、骨盤矯正をして骨盤の緩みを整える。
産後の骨盤の緩みを取り、骨盤を優しく整えていきましょう。強い力ではなくできるだけ優しい骨盤矯正を選びましょう。

2、育児などの使い方を整える。
まずはあぐらなどの地面での生活を見直し、授乳方法、歩き方、イスの座り方、骨盤ベルトの巻き方など「骨盤が緩まらない」方法を同時に全てお伝えします。

3、疲労を取る。
筋肉のコンディションを良くします。マッサージや自宅ケア法、ストレッチ法、栄養などをお伝えします。

 

リボディ魚住の坐骨神経痛に対する整体
  1. まずはゆっくり呼吸を整えながら骨盤を整えていきます。
  2. 股間節の緩みも一緒に整えていきます。
  3. 肩甲骨ストレッチを行い、肩甲骨の動きを良くしていきます。
  4. 背骨専用のローラーを当て、骨盤の上にある背骨を整えます。
  5. 整えた骨盤をキープするために、ナイーブな産後のからだに負担のかからないテーピングを貼ります。

 

バキバキならす整体ではなく、手のひらで押さえるだけの優しい整体です。
優しい整体を行うべき理由は、産後の女性の骨盤は便座に座る衝撃で緩んでしまうからです。それと5分以上のうつ伏せは骨盤を緩めます。ですので、横向きで行う優しい骨盤矯正をします。