【背中の症状】左の背中の痛みを整体で治療|大阪市東成区にお住いのK.Iさんの骨盤矯正事例 | 産後骨盤矯正 大阪の整体院 リボディ魚住

症例のご紹介

【背中の症状】左の背中の痛みを整体で治療|大阪市東成区にお住いのK.Iさんの骨盤矯正事例

部位と症状

この方は患者さんの息子さんです。本日、起床後にシャワーを浴びて頭を洗っている時に背中がブチッとなり、その後急激な痛みが出てきたそうです。焦ってすぐに出て症状をおかあさんにお伝えされたようです。下を向く動作や上を向く動作、手をあげる動作で左の背中が痛いそうです。触ってもその部分は痛いそうです。

発生時期やきっかけとなった出来事

きっかけは起床後すぐのシャンプーで下を向く動作です。

来院動機

元々、お母さんが通っていたのですぐに相談し、お母さんから相談の電話を受けて受診に至りました。

施術内容と症状の改善

1回目(2020年9月14日)

治療内容はお母さんから聞いていたようですが、「とりあえず先生に任せたらいいから」と言われたそうです。検査等をしてからご本人に説明しました。左の骨盤がかなり緩んでおり、それに起因するように左の背中に痛みが出たようです。骨盤が関係ないとするなら、両方の背中に痛みが出てもおかしくないのです。

治療は骨盤矯正、股関節のズレの治療、首と肩のズレの治療、背骨を整えるローラー処置(この処置の時間を普段より長めに取りました)、骨盤を安定させるテーピング処置をしました。

生活習慣の改善策としてはアイシングと仕事でキッチンに立つ時の立ち方を説明しました。それと「男性あるある」ですが、痛くても頑張るや痛いほうが効いているというのは全く違いますので注意してください。

 

2回目(2020年9月17日)

今日が2回目の治療になります。痛みの強さはPS=3(初回の痛みが10としたときの今日の痛みの数値化)でした。かなりアイシングもできているようで安心しました。姿勢が悪いので今日は椅子の座り方を説明しようと思います。10月には日本を出る予定の方なので9月いっぱいが治療の期間となります。日本滞在期間中にできるだけいい状態の骨盤にできるようにします。

治療は骨盤矯正からはじめ、股関節のズレの治療、首と肩のズレの治療、背骨を整えるローラー処置をしました。

生活習慣の改善策としてイスの座り方を説明しました。かなり姿勢が悪く、あまり意識もしたことがないそうで辛いと言われていました。

大阪市東成区からの来院方法

電車の方

https://www.google.com/maps/dir/大阪市東成区/大阪府大阪市中央区玉造2丁目15-9

大阪メトロ 千日前線 今里駅から鶴橋駅まで乗車します。鶴橋駅でJR大阪環状線内回りで玉造駅まで乗車します。北出口を出ると長堀通に面します。長堀通を西に向かいます。玉造筋との玉造交差点を通り過ぎ長堀通りを500m直進すると、右手にリボディ魚住の店舗。向かえにはローソンの店舗があります。

お車の方

千日前通を西に向かいます。長堀通に変わり西に直進します。玉造筋との玉造交差点を通り過ぎ長堀通りを500m直進すると、右手にリボディ魚住の店舗。向かえにはローソンの店舗があります。

この症例集は、当整体院に来院された患者様の症状やお悩みが、私たちの整体および骨盤矯正の技術によってどのように改善・緩和されたり、痛みが和らいでいったのかを患者様の声に基づきご紹介しておりますが、治療を保証する内容ではございません。

骨盤のことや生活習慣のことなどをもっと知りたい方はこちら

リボディ魚住LINE相談室

より詳しく丁寧に回答させていただきます。

■ 登録方法

LINEアプリ「その他」→「友だち追加」から以下の二通りからお好きな方法でご登録ください

1
QR

「相談する」ボタンを押してご登録ください

相談する

2

ID検索

@xnh7443r